[オナ禁 66日目]大きな心地よさを得るために、小さな心地よさ、オナニーを自制する

心の世界では、

「心地いいことだけ選択すれば、人生うまくいく」

なんてことが言われてる。

 

これを見たオナ猿は、ますますオナニーをしようとするだろうし、

我慢して一週間オナ禁してる人は、「やっぱり我慢はいけない」と思い、オナ禁を解禁するだろう。

 

実際、心地いいことだけ選択すれば、人生うまくいく。

心地いいことだけ選択して、心地よくないものは切っていくという毎日を送っていけば、必然、毎日楽しくなる。

 

心地いいことだけ選択するわけだから、オナニー好きな人はオナニーするだろう。

「心地いいことだけ選択すれば、人生うまくいく」を聞き始めて、やり始めた頃は、それを忠実にやろうと思い、オナニーに精を出すのは仕方ない。

 

ただ、ある程度毎日楽しくなった後、考えなければいけないことがある。

 

もし、仕事での評価、モテたいなどの他者評価が欲しいという思いが強くなったら、オナニーはやめたほうがいい。

 

なぜなら、一日使えるエネルギー、時間って各々決まっていて、そのエネルギーをオナニー、暴飲暴食などの短期的快楽に使うと、モテたいなどの長期的快楽に使うエネルギー・時間が少なくなる。

 

逆に、短期的快楽にエネルギーを使わなければ、長期的快楽にエネルギーを存分に使える。(性エネルギーの転換)

 

だから、ある程度毎日楽しくなったら、大きな心地よさを得るために、小さな心地よさを自制しなければならない。

 

「心地いいことだけ選択すれば、毎日楽しめる」の進化形は、

「大きな心地よさを得るために、小さな心地よさを捨てる、自制する」

 

「釣ったエビで鯛を釣る」段階が、進化形。

「いつまでもエビを釣ってる」段階が、最初。

 

鯛を釣りたいなら、エビを釣るのを自制する。我慢する。そのエビで鯛を釣る。

エネルギーを転換するとはこういうこと。

 

オナ禁して、多くのメリットをもたらすのは、エビで鯛を釣ってるから。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

 

読者登録よろーーー

  ⇩

 

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja