ブログ再開しました。キーボードが重い

さて、ブログを再開しようと思う。

たぶん、毎日は無理だと思う。週に1、2回かな。

今、二行書いた。キーボードの手が進まない。しばらく、ブログを書かなかったせいだ。

今、思った。ブログを書くって、すごく脳を使う。(それはいいっか)

なんのためにブログを書いてるんだろうか。書きたいから書いてるのか。

それとも書けるから書いてるのか。

自分の感情、考えを整理するために書いてるのか。

ブログを書いてたときは、なんの目的意識を持って、ブログを書いていたのだろうか。なにも無しか。それとも、単に書きたいから書いてるみたいな感じだろうか。

それとも、ブログを書いて、お金がもらえばいいな的な下心満載で書いてたのだろうか。今となってはよくわからない。

僕は、なんのためにブログを書くのだろうか。

もしかして、ブログは書かなくてもいいのか。

ブログを書けば、仕事のスキルアップが望めるのか。

ブログを書けば、より楽しい毎日を送れるのか。

そもそも自分はどうなりたいのか。

ほんとはよく分かってない。

ただ、毎日、楽しく暮らせればそれでいいなとは思ってる。

それでブログ書いてる今は楽しいだろうか。

全然楽しくない。正直、ブログを再開したことを後悔してる。

キーボードを叩く手は相変わらず重い。

上昇志向っていりますか?

誰かに選ばれるって、自分がこの子に選ばれたいという思いは関係ない

やりたいことだけやってたら、幸せになれるだろうか?

おそらく、破滅する。

デブに非モテに、「やりたいことをやれ!」なんて言葉を投げかけたら、デブに拍車がかかる。

おそらく、食いたいものをたらふく以前よりまして食う。

それで幸せならいい。ただ、食いたいものだけを食べる生活に飽きる。

食べるという日常は本人の意志がない限り、変わらない。

日常を変えるのは、いつだって非日常だ。

デブに必要なのは、「小さな我慢を覚える」という非日常である。

さて、そうなると、目的をどこに設定するという問題になる。

例えば、デブで非モテが、「モテたい」と思ったとする。

モテたいということは、誰かに選ばれるということだ。

自分がこの子に選ばれたいという思いは関係ない。それが需要と供給の関係。

いい商品なら買われるし、悪い商品なら買われないというシンプルな世界。

じゃあ、選ばれるためにどうすればいいか?

簡単に言えば、こだわりや思い込みを捨てて、選ばれるために必要なことを淡々とやっていくこと。

選ばれるために必要なことをやっていく過程で、こだわりや思い込みはクソほど邪魔だということ。

・眉毛カット

・オナ禁

・筋トレ

・ダイエット

・とりあえず、お金払って童貞卒業

・髪の毛セット

・キャバクラで女の子慣れする

とりあえず、必要になってくるだろうことは書いた。

一般的なことを書いたから、あなたに必要なことは何なのかは僕は知らない。

自分が悪いなと思ってること、相手に指摘されたことを間に受けて、直す。

モテる男に、「どうすればモテるようになれますか?」と聞いて、アドバイスをそのまま実行できれば、理想かもね。

実行したくなくても、売れる商品になるために必要なことならやるしかなくて、実行したくないから、やらないなら、そいつは間違いなくモテずに終わる。

本人がやりたいとかやりたくないなんてどうでもいい。

物理的にできるならやる。

モテるに限らず、変わりたいと思ってる人間がやりたくないからやらないなんてほざいちゃダメなのだ。

変わりたいと思ってる人間は、自分では変わるためにこれが必要だと分かってる。

勇気さえあればできることをやらない。

なぜか?怖いからか失敗したくないからか。

自分の理想通りのシチュエーションじゃないと童貞卒業したくないとかか。

共通して、マインドが悪い。

マインドっていうのは新しくできる。

 

それは、固定観念(思い込み)を1個ずつ外すこと。行動や体感によって。

難しいと思い込んでるものをやる。

怖いと思ってるものをやる。

恥ずかしいと思ってるものをやる。

自意識が刺激されるようなことをやる。(髪の毛をセットして大学に行くとかね)

これやるのは勇気がいるなと思ってるものをやる。

簡単に言えば、心臓バクバクするものをやればよろしい

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

読者登録よろーー

  ⇩

 

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja

 

健康に投資するべき理由

「オナ禁してもモテない!」当たり前だ。

本来、モテるためにオナ禁はあるんじゃない。

健康になるためにオナ禁はある。

オナ禁すれば、確実に健康になる。

健康になった結果、モテるかもしれない。

確実にモテるわけではないけど、モテやすい状態にはなる。

モテを構成する要素は、オナ禁だけではない。

清潔感も

コミュ力も

行動力も

いろんな要素で、モテは成り立ってる。

健康もいろんな要素を満たせば、超健康体になる。

・腹八分目(僕の場合は、一食につきごはんを食べる量は0.8合)

・野菜を意識して食べる。

・できるだけパンは食べない

・コンビニ飯を食べない

・コーヒーは一日一本

・7時間睡眠

・筋トレ

・水分をとる

・オナ禁する

僕の場合、これ100%近いぐらいで満たせてるときは、超健康体。

一か月で調子が悪い日がないみたいな感じかな。

正直、調子が悪いと、仕事のクオリティーもスピードも落ちるしね。

昼休憩で、腹八分目守らなかったら、眠くなって、仕事のやる気もなくなる。

ご飯だけで、調子の良しあしが決まるのだ。

腹八分目と、意識して野菜を食べれば、休憩後も、仕事も楽にできる。

健康だと、単純に毎日楽しい。

怠い状態っていうのがないから、好きなことができる。

体調がよくないと、正直本を読もうって僕は思わないんだけど、調子がいいと活字も読める。

体調がよくないと、家から出ようと思わないと思う。

結果、健康は行動力を生む。

一日、コーヒー一本を守らないと、夜寝付けなくなる。

目が冴える。自然に眠ることが出来ない。結果、睡眠時間が短くなる。

次の日、体調が万全ではないことがほとんどだ。

自然に眠れる。自然に身体が動く。自然に仕事ができる。自然に行動ができる。

自然に誰かと話せる。

超健康は、超自然を生む。

頑張って、何かをするっていう感覚ではない。

単純に、仕事をしたいからで仕事ができるし、

「怠いから、やらない」とか「めんどくさいから、やらない」とかって思わない。

健康だと、怠いとかめんどくさいって思わなくなる。

健康じゃないから、怠くなるし、めんどくさいって感じる回数が多くなる。

最近、健康を気をつけてない。気をつけよう

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

 

読者登録よろーー

  ⇩

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja

 

もっとお金を稼ぐたい

「もっとお金を稼ぎたい」と思って、フリーターから百貨店の社員に就職した。

フリーターのときに、夏場になると、バニラのスーパーカップを買って、食べていたが、ぼんやり「社員になれば、毎日ハーゲンダッツが買えるのか~?」と思ってた。

現実として、毎日ハーゲンダッツが買うことは可能になった。

やるかどうかはさておき。

で、社員にとして二か月働いて、ぼちぼち落ち着いてきた頃に、また、「もっとお金を稼ぎたい」という思いが出てきた。

残業してもっとお金を稼ぐのはあまりにも非効率だ。

無尽蔵に時間とエネルギーがあればいいのだが、あいにく時間は24時間だし、一日に使えるエネルギーも有限だ。

残業は自転車操業だ。

だから、自分が働いてないときに、お金が発生することがベストだ。

自分じゃなくてお金に動いてもらって、お金を稼ぐ。

ってなると、僕の場合、アフィリエイトで稼ぐってことが一番初めに候補として上がっった。

はてなブログで独自ドメインを取得して、グーグルアドセンスに申請して、その広告で儲けるという一般的な方法に着手した。

結果、独自ドメインは取得できたけど、アダルトな表現がブログにあるからアドセンスの申請は通らなかった。

ブログを毎日書いてるから、それが副業として一番手っ取り早いと思ったのだが、案の定壁にぶつかった。

アドセンスに引っかからないようなブログを書くのか?

おそらく、ブログを書くのが嫌になる。書きたい表現を捻じ曲げてまで、ブログでお金を稼ぎたいのか?

ブログのpv数は、上がってはきてるから、アフィリエイトじゃなくて、何か商品を持って、それを売ってお金を稼ぐという方法もある。

それだとアドセンスに邪魔されず、お金を稼げる。

はたまた、ブログとはまったく関係ない副業に手を出すのか?

不動産投資かTwitterで何か人の役に立つようなツイートをしてフォロワー増やして、商品を買ってもらうのか?

とにかく副業で稼ぎたい。

いつまでも自分が働いてお金を稼ぐという仕組みだと、自分が大病を患ったとき不安だし、会社がストレスでもお金がなくなるという不安でやめられなくなる。

自分じゃなくてお金が働いてお金が発生すれば、自分が病気しても大丈夫だし、嫌になれば会社をやめるという選択ができる。

会社をやめるという選択支があれば、仕事にも余裕が出る。

だって、嫌になれば本当にやめることが可能になるからね。

会社に束縛されない、支配されない生き方をしたいなら、ちゃんと副業する!

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

読者登録よろーー

  ⇩

 

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja

 

一番難しいもの(願望)のそばにいる簡単なもの(予定)から消化せよ!!!

レベル1の状態で、ボスに挑んだって負けるに決まってる。

街のチンピラが、ヒョードルに勝てるわけない。

せめて、ミルコ・クロコップぐらいまでレベルアップしないと勝負にならない。

いきなり、一番難しいものに挑まない。

難しいものを欲しがる気持ちは分かる。

自分が難しいと思ってるものほど、輝いて見える。

難しいと思ってるものを相手が持ってて、自分が持ってなかったら、追いかけようと思ってしまう。

「隣の芝生が青く見える」とはまさにこのこと。

ただ、一番難しいと思ってるもの近くには、それよりランクの下がるものが存在してる。

S級の美人、A級の美人、普通、ブサイクとランクがあるみたいに。

S級の美人の素人とセックスするのと、S級の美人とそういうお店でセックスするのはどちらが簡単だろうか?

理想と素人と真っ当にセックスだろう。

ただ、先ほど書いてる通り、理想ほど難しいものはない。

じゃあ、自分が頑張ったら叶えられるレベルは何かというとS級の美人とお金払ってセックスすることではないか。

これは、理想ではない現実的に実現可能な願望ではない。

もはや願望ではない。願望は叶うかどうか不確かなもの。

予定は、自分がやろうと思えばできるもの。

願望は理想で、予定は現実である。

ちなみに、S級の美人とお金を払ってセックスするときに出てくる障壁は、

「お金」

「理想的なシチュエーションで出会った子と童貞を捨てるという願望を捨てること」

「恥ずかしい」

「なんか怖い」

「童貞はムダに変なプライドを持ってるからそれを捨てること」

「行動」

見ればわかる。心理的障壁しかない。

これを解決するのは、勇気だして行動する。それだけ。

女の子を口説いて、自分のものにしていくようなコミュ力なんて必要ない。

っていうか、何の能力も必要ない。

願望を達成するには、地道な努力と圧倒的な能力が必要になるが、

予定を達成するのに、そんなもん必要ない。

単に、行動するだけ。

「モテるために、毎日髪の毛をセットしよう!」なら、モテるという理想は無視して、髪の毛をセットする練習だけすればいい。

もしかしたら、最初の内は、髪の毛のセットがうまくなるでさえ理想かもしれない。

下手でもいいから、髪の毛セットしようとしてしただけで、一番簡単なものはできてることになる。

予定を達成することで、能力も上がってくる。

そうなれば、願望を達成することは、以前よりも簡単に見えるかもしれない。

理想が理想じゃなくなって、単なる現実になる。

予定を達成すればするほど、簡単なことをやっていけばいくほど、一番達成したかった願望も叶えられる。

そのために、一番難しいもののそばにいる簡単なものをやっていく。

これが願望達成のための一番のコツかもね。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

 

読者登録よろーー

  ⇩

 

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja

 

ラスボス倒すために、雑魚キャラ倒してレベルアップ

「紙に書いた目標や願望」が叶うか否かの問題を取り扱ってみよう。

一般的に、紙に目標を書くと叶うと言われてる。

これは、目標が頭の中だけで浮遊させてるだけだったら、その目標はいつか忘れてしまうから。

だから、紙に書いて明確にする。

目標が明確になれば、行動のベクトルは定まるわけだから、目標を達成するにはどうすればいいか逆算して行動できる。

お化けがお化けたるゆえんは、はっきりしてないから、だから怖い。

はっきりさせてしまえば、大抵、怖くない。

見たくないものほど、見たほうがいい。

怖いから、見ないんじゃなくて、見ないから、怖い。

だから、見る。明確にする。

目標もこれと同じ。紙に目標を書いてない段階では、目標達成への攻略法など出てこない。

プロボクサーが対戦相手のビデオを見て研究するだろう。

研究すればするほど、見れば見るほど、自分のやるべきことっていうのが決まって、肝が据わる。

はっきりさせるために紙に書く。何を?

行動のベクトル

目標

達成するための攻略法

 

で、僕の場合は、何個も願望を書く。

難しいものから簡単なものまで。

難しいもので言うと、恋愛だと、

ナンパして、その子とセックスするが一番、難しくて、

ナンパして、声掛けするとか、だんだんとレベルを下げた目標設定をする。

一番、簡単なあれだと、一週間に一回は女の人と話すみたいな。

ちなみに、一番、むずかしいだけあって、ナンパして、その子とセックスするは叶ってない。

ただ、声掛けするとかはクリアした。

因みに、ナンパで出会った子とセックスするは自分にはレベルが高いなと感じたので、お店で童貞を卒業した。

一番の目標は、一番難しい目標、ラスボスを倒すこと。

今の段階は、ラスボスのレベルが高いから、とりあえず雑魚キャラを倒したり、ラスボスよりランクが落ちるボスを倒して、こつこつとレベルを挙げている。

ちなみに、童貞を卒業したときはランクが落ちるボスを倒した感覚かな。

いい達成感だったよ。レベルアップしたのかな。まぁ自信はついたよね。

次は、アプリを使って、出会った子とデートして、最後まで行けたら、いよいよラスボスまえだなっていう感覚だろうね。

童貞卒業がプロだったから、次セックスする相手が素人っていうだけで、レベルアップした感がするだろうなっていう感覚。

アプリを使って、その子とデートして、セックスするが叶うかどうかは分からないけど、そうなるように今は動けてる。

今度の月曜日、アプリのプロフ画像をプロのカメラマンに撮ってもらう。最低限、そうなるよう動ければいい。

最悪は、失敗することじゃなくて、行動しないこと。最高は、成功すること。

失敗したら、簡単な願望からスタートすればいいだけ。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

読者登録よろーー

  ⇩

 

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja

あなたが成功しないのは、マインドが腐ってやがるから

成功するために必要なのは、「マインド(あり方)」か「テクニック(やり方)」か?

正直、マインドがなんたるか?とかテクニックがなんたるか?明確には知らない。

ただ、成功するためにどっちが必要かって問われたら、どっちも必要なんだろうし、

きっかけは、ほぼ「マインド(あり方)」

「野球がうまくなりたい」というマインドなり思いがあって、「野球がうまくなる方法」を勉強して、実際に地道に練習する。ここの部分はテクニックかな。

ただ、「野球がうまくなる方法」を学んだ、そのまま素直にやり続けた。

素直さは、マインドの部分。

場数を踏んだか踏んでないかは、マインドの部分。

能力や知識、技術は持ってるだけじゃ意味がない。

試合せずに練習ばっかりしてても、うまくならない。

なぜ、試合をせずに練習ばかりするのか?

失敗するのが怖いから、練習ばっかりしてる。

ナンパ本ばっかり読んで、ナンパしない人間。

人付き合いの本ばっかり読んで、人と話さない人間。

自己啓発セミナーに行くだけで満足して、その後行動しない人間。

抱えてる問題は、共通してる。

マインドが悪い。それだけ。

素直じゃない。拗ねてるから、行動できない。

拗ねのマインドを直すには、言われたことを素直にやる。

成功するためのテクニックを聞いたら、そのままやる。

で、おそらく最初は失敗する。

なぜなら、成功するための方法なんて皆違うから。

いろんな仕事があって、いろんな稼ぎ方あるのと一緒。

人の数だけやり方が違う。成功するためにテクニックは不要ですっていう人がいるのはそのためだ。

まず、誰かのマネしてやる。失敗する。自分なりに原因考える。

また、やる。その時点で一回目のときとは、やり方は異なる。

だからね、とにもかくにも、マインドがすべてっていうことになる。

「とりあえず、やる」というマインド

「失敗してもいいから、やる」というマインド

「笑われてもいいから、やる」というマインド

「素直に、やる」というマインド

「バカになって、やる」というマインド

「やった」数は、そのまま、いいマインドの証拠になる。

素直にやればやるほど、素直さに拍車がかかるし、もっと行動する反射神経がはやくなる。

成功するためにマインドがすべてっていうのは、あながち間違いじゃない。

テクニックなんて、「やった」後、考えればいい。もしくは、「やりながら」考えればいい。

テクニック踊らされるな。そいつはただの飾りだ。

知識が多い人が会話が上手とは限らないし、

東大生がモテるわけではない。

単純に、いろんな人と会話したかどうかだけ。

単純に、出会おうとしなかっただけ。

なぜ、やらなかったのか?

マインドが腐ってやがるから。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心理学へ
面白かったら、クリック!

読者登録よろーー

  ⇩

 

 

SNSもやってるんで、もしよかったら、フォローしてください( ´∀` )

 

Twitter: https://twitter.com/football8955?lang=ja